令和元年6月全体研修

令和元年6月21日(金)

職員全体研修で「認知症サポーター養成講座」を行いました。

第2地域包括支援センターの保健師の宮﨑職員と

認知症推進員の松田職員に講義をしてもらいました。

IMG_0307

まずは認知症についてと、サポーターとしてどのように

活動するといいのかを講義をしていただきました。

IMG_0315

IMG_0324

サポーターとして、声掛け、見守りを行い、地域で支えましょう。

その後、「京都・伏見認知症母殺害心中未遂事件」の

裁判記録のDVD鑑賞を行いました。

IMG_0336

色んな思いでみなさん鑑賞していました。

DVDを鑑賞後、「専門職として、地域住民としてどうできるか」

グループワークをし、発表してもらいました。

IMG_0339

IMG_0341

IMG_0342

IMG_0343

発表の一部として…

・コミュニケーションをしっかりとり、解決策を考え行政につなげる。

・認知症を知らない人がまだ多い。相談先も知らない人がいる。

 広報誌などで周知活動をはかる。

・自分の知識を活用し、手続きに関して専門の所などを紹介する。

・困ってることがないかの声掛け。

・ちょっとした訴えに対して、立ち止まって傾聴する。

・地域住民としても話を聞いてサポートをしたい。

・地域での取り組みを大切にする。

・一人で考えないでほしかった。身内、友人に頼ってほしい。

・世間からの孤立で、認めたくない、隠したいという方には民生委員と

 入って情報を伝える。お互い後悔しないように解決ができるのでは。

など、情報提供や地域交流の大切さというのが各グループ共通で

上がった内容のようです。

IMG20190624090957

これはオレンジリングと言って、

サポーター養成講座を受講した方たちはもらう事ができ、

認知症サポーターとしての証になります!

写真は新しいオレンジリングです。

認知症サポーターキャラバンのキャラクターのロバがついてます♪

利用者の方だけにとどまらず、自分の地域、あさひ園の地域の方たちを

みんなで支えて行けるよう頑張りたいと思います。